機器のメンテナンス|自宅の芝刈りを業者に依頼|綺麗なお庭をキープする方法
ガーデン

自宅の芝刈りを業者に依頼|綺麗なお庭をキープする方法

機器のメンテナンス

ウーマン

雑草を刈り取る際に非常に便利な草刈機。立ち刈りバサミでも雑草の処理はできますが、狭い範囲の雑草刈りならまだしも、少しでも広くなるとハサミでは時間がかかりすぎてしまいます。草刈機であれば広範囲を一気に処理することができるため、とても便利です。また、機械を操作するということでお年寄りや腰を痛めている人には難しいイメージがありますが、背負式であれば重心を保つことができるので意外と体に負担がありません。もちろん、注意する必要はあります。

草刈機を長く使い続けるためには、もちろんメンテナンスが大切です。まず、刃の交換があります。しばらく使い続けていると切れ味が落ちてくるため、そうなると交換の必要があります。刃にはメタルカッターとナイロンカッターがあり、それぞれで交換方法が異なるため、説明書などをよく読んでおきましょう。

電動の草刈機で最も大切なのは、エンジンのメンテナンスです。運転時間の累計によって、メンテナンスすべき内容がある程度決められています。
草刈機にスイッチを入れる前に毎回行わなければならないのは、燃料の点検、燃料漏れやガス漏れがないかどうか、ボルトやナットなどがゆるんでいないかどうかです。運転時間の20時間ごとには、タンクのなかとフィルターの清掃を行いましょう。50時間ごとには、シリンダーフィンの清掃や、ピストン、マフラー、シリンダーのカーボン除去などが必要になってきます。運転時間が100時間を超えたら、クランクシャフトやコンロッドなどの点検が必要になります。こうしたメンテナンスを不要にする為には業者に依頼しましょう。